メガネを外した時の見え方:近視

 私は、生まれつきの近視を持っていて、大人になるまではどんどん悪くなると言われ、メガネのレンズも厚い所で5㎜はあり、それでもまだ年々多少は悪くなっているのか、常に空気の粒のようなものが見え、近視なので近くはいくらでも良く見えても遠く(駅の反対側のホームにある看板の小さな文字)などは、多少ぼやけて見えるといった症状だ。

 そんな過度な近視で常に眼鏡を外せない私だが、入浴や睡眠の時は取らざるを得ないので、そんな時は自宅内で周りの景色は分かっていても不安である。
画像

👆こちらは私がメガネを外した状態での見え方を再現した画像だ。30㎝離れたものでもこのように文字も人物も区別できないほどにぼやけて見えてしまうのだ。この画像は、Photoshopの画像加工機能を使って実際に半分メガネを外した状態でリアルなものを作ってみたが、私以外でも目の悪い人にはこのように世界がぼやけて見えているのだと思った。また、私の場合は多少の乱視も入っているのかエアコンなどの運転ランプも花火が広がったかのように1つのものがはじけて沢山見えるのも難点であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

テーマ別記事

記事リンク